飾り罫

 
児童文学賞
 
アイコン のお知らせ アイコン

  本会では、父母ならびに教師創作の児童文学作品を通じて、愛知県内の文化振興、健全な青少年の育成に少しでも寄与できればと願い、昭和51年度に「子とともに児童文学賞」を設立しました。昭和63年度には、第1回から第12回までの審査委員長、故・椋鳩十氏の遺志を継承する「椋鳩十賞」、さらに、平成5年度には「短編部門」を設け、内容の充実を図ってきました。
 毎年、下記の募集要領により、作品の募集を行っています。

矢印 主  催  愛知県小中学校長会  愛知県小中学校PTA連絡協議会
名古屋市立小中学校PTA協議会  公益財団法人 愛知県教育振興会
   
矢印 審  査  委員長 児童文学作家・阿部夏丸
委  員 子とともに ゆう&ゆう編集委員6名、学識経験者3名、小中学校教員代表3名ほか

     
矢印 入  賞 【長編部門】
  ☆最優秀(1 編)
  ☆優  秀(2 編)
  ☆佳  作(数編)

賞状ならびに副賞30万円
賞状ならびに副賞10万円
賞状ならびに副賞 1万円

     
【短編部門】
  ☆最優秀(1 編)
  ☆優  秀(3 編)
  ☆佳  作(数編)

賞状ならびに副賞10万円
賞状ならびに副賞 5万円
賞状ならびに副賞 5千円
記念盾

椋鳩十賞記念盾
 
◎椋鳩十賞 賞状ならびに記念盾
 (上記入賞作品のうち1編/児童文学の世界に新しい息吹を感じ
させる作品に贈る)
   
 ※両部門とも作品によっては、上記入賞以外に奨励賞を賞すこともある。  
   
   
矢印 応募規定
ア テーマ  
 子どもたちの情操を豊かにはぐくむ児童文学作品。(親子または教師と教え子の関係や、動植物など広く自然界をテーマにしたもの。あるいは、SFやファンタジー、昔話など、想像の世界が広がるもの。)
 ※読者対象 【長編部門】 小学校中学年〜中学生
【短編部門】 幼児〜小学校低学年
   
イ 原稿枚数   ポスト
  【長編部門】 (400字詰原稿用紙30〜50枚)
  【短編部門】 (400字詰原稿用紙4〜5枚)
    原稿用紙鉛筆
ウ 締   切  
  【長編部門】 毎年 9月下旬
  【短編部門】 毎年 8月下旬
   
エ 送 付 先 〒461-0011 名古屋市東区白壁一丁目50番地
           公益財団法人 愛知県教育振興会 児童文学賞係
   
オ 発   表 子とともに ゆう&ゆう  3月号誌上ほか
   
カ 応募資格  愛知県内の幼児・児童・生徒の親および教師、または、愛知県内に在住・在勤・在学の成人の方。 
未発表の作品であること。必ず右上でとじて通し番号をつけ、表紙に題名、姓名(ペンネームの場合は本名も)、住所、電話番号、所属学校(あるいは関連教育機関など)、年齢を記入(その他、所属する文学関係団体・文学歴等があれば付記)のこと。
入賞作品(最優秀・優秀)の著作権は、愛知県教育振興会に帰属する。

トップ アイコン トップ

飾り罫